グランダキシンとロキソニンは併用可能?

グランダキシンとロキソニンは一緒に使っても大丈夫なの?

気になる答えを先に言ってしまうと、グランダキシンはロキソニンと併用できます。しかし、それだけ言われてもなんで大丈夫なの? と思われてしまうかもしれません。

 

そこで、グランダキシンとロキソニンを併用しても平気だという、その訳について掘り下げて説明していきます。

 

グランダキシンとロキソニンは何故併用できる

薬の飲み合わせはいいものもあれば悪い物もあります。そして、グランダキシンとロキソニンは飲み合わせのよい組み合わせだと言えるでしょう。

 

そもそも、飲み合わせが悪いというのはどういう状態でしょうか? 一番わかりやすく、そして多いのは効果・仕組みが似通った組み合わせです。

 

わかりやすい例としては、2つの睡眠薬を同時服用してしまうという飲み方です。いくら名前が違ったところで睡眠薬は睡眠薬です。現実的には同じ睡眠薬を倍量飲んでしまうのとそれほど変わらないでしょう。副作用もかなり大きくなってしまいます。

 

これを踏まえて考えてみると、グランダキシンとロキソニンがどういう薬か気になってきます。もしも、睡眠薬同士のようにグランダキシンとロキソニンの効果が同じであれば、相性は悪い組み合わせとなってしまいます。グランダキシンとロキソニンはどのような効果を持っているのか早速チェックして行きましょう。

 

グランダキシンの効果・仕組み


グランダキシンは自律神経の調子を整える薬です。自律神経に乱れが生じると眠気やふらつき、口渇、めまい、吐き気、便秘、食欲不振など様々な症状が現れます。これを総合して自律神経失調症と呼びますが、グランダキシンはこれを治療するための薬なのです。

 

自律神経失調症の原因の一つに「自律神経の過度な興奮」があります。

 

グランダキシンはベンゾジアゼピン受容体という器官を刺激して「Cl-」という物質を放出させるのですが、この「Cl-」が放出されると脳の神経は抑制されて、結果的に自律神経の興奮が抑えられます。

 

グランダキシンは、神経の興奮を抑える物質を放出させて、自律神経のバランスを矯正します。

 

ロキソニンの効果・仕組み


ロキソニンは非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)に分類される解熱鎮痛剤です。

 

怪我をした場所では痛みの原因となる「プロスタグランジン」が作られます。これにより、脳は「怪我をした場所に痛みを感じる」ことができます。

 

ロキソニンは痛みの原因物質プロスタグランジンの分泌を減らします。

 

グランダキシンは神経の興奮を抑えて自律神経を整える。ロキソニンは痛みの原因となる物質を減らすので鎮痛効果がある。といった形で、それぞれがまったく違う薬であるとわかります。

 

グランダキシンとロキソニンはお互い干渉しない

グランダキシンはロキソニンとは全く別の効果や仕組みをもった薬だと紹介しました。こういった組み合わせであれば、そのほとんどが飲み合わせがいいものです。

 

ですが、このようにパッと見相性がよさそうでも、例外的に相互の効果が変わってしまう場合もあるのです。

 

AとBを一緒に飲んだらAの効果が高くなる
AとBを一緒に飲んだらAの効果が低くなる

 

このように、お互いの効果が変わってしまうケースもあります。ですが、これはあくまでも例外です。グランダキシンとロキソニンはこうなりませんし、現在服用中の方たちからもそのような報告は出ていません。

 

グランダキシンとロキソニンは併用リスクゼロ?

これまでの解説で、グランダキシンとロキソニンを一緒に飲んでもリスクはゼロである、と思っている人がいるかもしれません。確かに、少ないですが絶対に何もないという話ではないです。

 

まず、ロキソニンは長期間の使用により胃に小さくない負担があります。

 

そして、グランダキシンには少しですが、吐き気の副作用が出ます。

 

いずれの薬も治療に必要であれば、この位の副作用はスルーしてしまう方も多いでしょう。ですが、同時に発生したらどうでしょうか。胃への負荷は相当なものになってしまうはずです。実際にその状況に確率は少ないでしょうが、症状が出てしまってからあわてないように、前もって対策を考えておきましょう。

 

対策法

仮にグランダキシンとロキソニンの副作用が同時に出てしまってつらい。という状況であれば、ロキソニンを他の鎮痛剤に変更してみましょう。

 

ロキソニンはNSAIDsというジャンルの鎮痛剤ですが、NSAIDsにセレコックスというものがあります。これにはNSAIDsの代表的副作用である胃への負荷がないのです。市販薬ではないため入手がやや面倒なのと、若干薬価が高いという難点はあるものの、このケースでの問題解決には大きく役立つでしょう。

 

グランダキシンはロキソニンと併用できるか医師に質問


グランダキシンとロキソニンは相性がよい、という内容で説明してきました。ですが、「やっぱり不安がある」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

それならば、もういっそ信頼のおける医師に質問してしまった方が早いでしょう。不安を残して薬を使い続けるよりは「併用しても問題なし」と言い切ってもらった方が絶対いいです。

 

医師に聞くのであれば、一切疑問の余地がないように「グランダキシンとロキソニンを一緒に飲んでもいいですか?」と薬品名をしっかり出して質問しましょう。

 

グランダキシンはこういう薬

人は、慢性的なストレス状態にさらされると、身体や精神の状態が悪くなる場合があります。このような自律神経の乱れから起こる体調不良を総称して「自律神経失調症」と言います。自律神経失調症の治療薬には作用の強いものから弱いものまであります。

 

ここではグランダキシンについてご紹介したいと思います。グランダキシンには、自律神経失調症に対して、「不安を和らげる」「眠りを誘う」「筋肉の緊張をほぐす」「けいれんを抑える」と言った作用を示し、症状を改善します。しかし、内服することによって、日中も眠気やふらつきがみられる場合があり、転倒などのリスクを高めてしまう危険性もあります。また、長期間内服を継続することにより、徐々に身体に耐性ができて、量を増やさないと症状が改善しにくくなるケースも報告されています。

 

グランダキシンを飲む際には、用法用量を必ず守りましょう。特に自己判断で、アルコールと一緒に飲むことは危険です。成分の血中濃度が高くなり、作用が強く出てしまう場合があります。また薬に頼らなくてもいい状況作りに取り組むことも大切です。仕事上で常にストレスを感じてしまう人は、自分の身を滅ぼしてしまう前に、思い切って転職するなどの選択肢も必要だと思います。

 
http://www.libertyontrial.com/ http://www.codepromofemme.com/ http://raeeg.net/ http://iranhalls.com/